3分でサクッと!WordPress(ワードプレス)のメリットがわかるお話

2017/10/25 更新日:2018/07/22

案件をいただく最中に「ワードプレスってよく聞くんですが、イマイチよくわかってないんです」というお話がやっぱり多いので、振り返りもかねて、難しい言葉は抜きで書いてみようかと思います。

ワードプレスはメリットたくさん、自由なサイトが作れる便利なもの

最初からホームページのようなページを作る機能、ブログの機能、すべて入っているので、見せ方が自由です。
ブログがいらなければブログの機能は見せない(使わない)
ホームページのようなページがいらなければ、ブログだけ見せる。
どっちも使った一体型のようなホームページだって作ることができちゃいます。

一昔前に作られるHPは、1ページごとに作るということで、知識がないと作れないシロモノでした。

(今この方式は、知識がないとお客様側は更新もできないので、更新しない前提のランディングページ:広告用の1ページサイトなど限られた条件でしか提案することはほぼないです。)

WordPress(ワードプレス)の5つの特徴

で、それと比べてWordpress(ワードプレス)は

1.ブログだけ、ホームページだけ、ホームページとブログが一体化、ランディングページでも、見せ方自由

2.ブログ感覚で更新ができる・スマートフォンからでもOK!

※誰でも更新がカンタン!とよく言われていますが、キーボードやマウス・スマホの操作が難しい人には簡単ではないかも…。

3.ページが増やる=サイトが育つ=検索にも強くなる

4.よく読まれている記事を集計して表示させるなどの拡張機能(プラグイン)が豊富でカスタマイズの幅が広い

5.今すぐスタートすることができる(小さく育てて大きく育てる!育てる楽しみ)

…細かく書くと、利用者が多いので情報が多い、など出てきますが省略。

更新を依頼せず済むので、コストがかからない・スピードが速い・修正やテストがしやすいと、お仕事で使うことを考えると、Wordpressのメリットはとても大きいです。

ワードプレスを使うには?

まずはワードプレスが利用可能なレンタルサーバー(ネット上のデータ倉庫)を借ります。
ほとんどのレンタルサーバーでは、Wordpress(ワードプレス)自動インストールの機能がついているので、必要事項を入力するだけで、初期状態のワードプレスサイトが表示されます。

初期状態のワードプレスでも、サイトに訪れるお客様からすると、すでにホームページ(ブログ)としてはネット上に存在しています。
ですが、そこから売上や反応を上げるには
伝わりやすい見た目に整えたり、お客様の知りたいことを充実させていくことが重要です。

ワードプレスは敷居が高い、使っているけど活用しきれていない、わかりやすく伝わるよう整えたい、機能を充実させたいなど、難しいところだけのご相談もママチュデザインでは可能です。

WordPress(ワードプレス)が気になっていた方は、この機会にぜひ試してみてくださいね。

関連記事を読む

※準備中