「このサイト、何で作っているんだろう?」という時にサクッと調べる方法

2020/02/10 2020/02/11
こんなサイト作りたいな~、何で作ってるんだろ?
それ、こっそりと調べることできますよ!同じテンプレート(テーマ)のサイトを作りたい時の参考にしてください♪

普段、好きでチェックしているサイトやデザインがステキ!と見ているそのサイト。
サイトのソース(プログラム)を読めずともできる、今見ているサイトが何で作られたのか、サクッと調べる方法を2種類ご紹介します。

1URLから調べる

まずは「全世界の4分の1のサイトは、Wordpressで作られている」と言われているくらい普及している、Wordpressで作られたかどうかURLから判別するサイトをご紹介します。


IS IT WORDPRESS?
使い方は調べたいサイトのURLを入れるだけ!

※Wordpressの配置場所(サブディレクトリ下)によってはうまく判別できないことがあります。

▼ワードプレスで作られたサイトの場合の表示例

WordPressで作られたかどうかだけじゃなく、どのサーバーを使っているのか、WHOIS情報(URLの所有者情報)、テーマやプラグイン(拡張機能)なんかも一緒に調べられます。
家で例えるなら、これで家の外観がザックリとわかりますね!

メモ

ちなみに、当サイトはオリジナルテーマ(ゼロから作った)ので
The theme that this site uses does not exist in our database, so it most likely is a custom theme made specifically

(このサイトが使用するテーマはデータベースに存在しないため、ほとんどの場合、特別に作成されたカスタムテーマです)という結果でした。

2Google Chromeのプラグインで調べる

こちらはGoogle Chromeのプラグインを入れて、そのサイトにアクセスして調べる形になります。

いくつかプラグインがありますが、オススメは「Wappalyzer」 「WhatRuns」の2つです。


Google Chromeから上記URLにアクセスして、機能追加すればOK!

こちらはWordpressだけじゃなくて、PHPのバージョンや何の解析ツールを入れているかなど、詳細までみることができる上級者向け。
WordPress使っているかどうかだけじゃなく、もっとくわしく見たい人はこちらがオススメ。

何を使って作られたかわかれば、同じテーマなどを使って作ることや、そのテーマを元にカスタマイズすることができますね!

気になったら(こっそり)調べてみよう!

WordPressで作ったかどうか判断する方法は色々ありますが、意外とテーマやプラグインまで調べるのはパッとはちょっと難しいです。
でも、これらのツールを使うと気になるサイトの中身がサクッとわかるので、ぜひこれらを使って調べてみてくださいね!

関連記事を読む

※準備中