「問題解決型のホームページ制作」を中心に、WEBを活用したい中小企業・個人事業主様のご相談からフォローまで、一貫してサポートしています。
「問題解決型のホームページ制作」を中心に、WEBを活用したい中小企業・個人事業主様のご相談からフォローまで、一貫してサポートしています。

意識してる?ホームページを作りは、ネット上に自分/会社の分身を作ること

2017/07/01 2018/07/22

ホームページやサイトを作る上で「どんな中身にしたらいいんでしょうか」という声を多くいただいています。
どんな設計のサイトがいいかは、自分の顧客層やメインになる集客方法などによって異なりますが、今回はどんなホームページでも共通する悩んだ時に振り返りたいことをご紹介します。

24時間働く【自分/会社の「分身」】として考えられていますか?

ホームページは24時間働く営業マンと言われていますが、パンフレットと同じでとりあえず作ろう!ではなく、きちんと自分/会社の「分身」として考えられていますか?

初めての人から常連客・取引会社など様々な人が訪れますが、そのホームページを見ることで
実店舗型なら、まるで「そのお店に行ったようになれる」
人が商品なら、まるで「その人と会っているかのようになれる」
など、ホームページ(またはブログ)を意識して見直してみると、足りない部分が見えてくると思います。

どこまでサイト(またはブログ)に公開するの?

よく顔写真を出すの?プライベートまで公開しないとダメ?という質問も多いですが、業種や扱ってるもので変わります。

例えば、自分個人が商品の場合なら、どんな人か知ってもらい信頼してもらえる/共感してもらえるようにと考えたら、どこまで公開するのか判断することができると思います。

(顔写真やどんな人かもわからない状態では、聞くのだって躊躇しますよね^^;)

商品やサービスの説明も大事ですが、今は同じ買うなら「あの人から買いたい」「あの人がオススメしてた」が重要になってきているので、その点も踏まえてホームページを見たら、人柄やお店の中が見えるかどうか、ぜひチェックしてみてください。

サイトじゃなくてブログがいいとか、ランディングページがいいとか色々ありますが、基本的にはこの「自分/会社の分身になっているかどうか」で見直してみると、足りてない部分・改善できる部分が見つかるんじゃないかなと思っています。
「分身」作れていますか?
知って納得、学んで実践!WEB活用を育てる「WEB育」無料メールマガジン
今、お悩みの方へ
「どこから改善すればいいのか」「更新や編集に悩んでいる」などの困り事を相談してみませんか?
代表の小谷が直接お返事します!

関連記事を読む

【祝・第5期へ】手探りの起業・設立から、今までを振り返ってみたお話
私がサービス申込(イラスト発注)した 行動パターンと申込に至るまで