IT導入補助金2022の「IT導入支援事業者」に採択されました

2022/03/29
昨年に引き続き、今年もIT導入補助金2022の支援事業者に採択されました。 「個人事業主様」「法人様」のネットショップ/ECサイト制作にご利用できます。 今年は昨年までと少し制度も変わって「デジタル化基盤導入類型」と名称も変更になっていますので、ぜひチェックしてみてください。

IT導入助成金の概要

※通常枠(A・B型)はソフトウエアなどの導入のため、今回記載する内容は「デジタル化基盤導入類型」(ネットショップ/ECサイト制作)に関する内容になります。

デジタル化基盤導入類型

補助額補助額5万円~350万円
内、5万円~50万円以下部分内、50万円超~350万円部分
機能要件会計・受発注・決済・ECのうち1機能以上会計・受発注・決済・ECのうち2機能以上
補助率3/4以内2/3以内
対象ソフトウェア会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、ECソフト
賃上げ目標なし
補助対象ソフトウェア購入費・クラウド利用費(最大2年分補助)・導入関連費
ハードウェア購入費PC・タブレット・プリンター・スキャナー及びそれらの複合機器:補助率1/2以内、補助上限額10万円
レジ・券売機等:補助率1/2以内、補助上限額20万円

スケジュール

(まだ公表されていません)

申請する場合

必要なものは色々とありますが、まずは「gBizIDプライムアカウント」の取得から取りかかることをおすすめします。
メモ
取得をするのに通常1週間から2週間かかります。

その他は
・SECURITY ACTIONの「★一つ星」または「★二つ星」の宣言

・3年後の給与支給総額が年率平均1.5%以上増加している事業計画の作成

・必要書類を必ず提出すること など

申請には申請者が用意するデータと、代理申請する支援事業者が協力して申請を行います。

遡り申請について

今回も、特別枠(C型・D型)には「遡り申請が可能」になっています。
一刻も早い環境整備などの必要性から「2021年1月8日(金)以降にITツール(ネットショップ/ECサイト制作含む)を契約を実施したもので、その後、IT導入補助金のITツール登録・交付申請をして登録されたもの」が対象になります。

1月8日以降にネットショップ/ECサイト制作の契約をしていた場合、遡り申請としてIT導入補助金の申請ができるというものになります。

思い当たるものがあれば、契約した事業者様に確認してみてください。

ネットショップ/ECサイト制作をお考えなら

今年も小規模事業者持続化補助金やこのIT導入補助金などの、多くの補助金の利用が可能です。

小規模事業者持続化補助金については、今年度はWEBやECサイトが別枠として、補助金交付申請額の1/4を上限とするに変更となりました。

どちらもネットショップ/ECサイト制作に対して、利用は可能ですので、ぜひ一度ご検討・ご相談ください。見積りも可能です。

関連記事を読む