Shopifyを始める前に検討したい!独自ドメインとメール管理運用の話

2020/03/24

カナダ発、世界No1のECカートということで、このところお話を聞くことが増えている「Shopify(ショッピファイ)」
近年になって日本語対応が進んできたものの、情報がまだ豊富にあるわけではなさそうだったので、試行錯誤したことをメモとして残しておこうと思います。

※あくまでもShopifyでECサイトを作るぞ!と決めた方向けなので、Shopify自体の説明は省いています。
触れば触るほど、高性能だし、世界No1シェアなのも納得のカートです◎

独自ドメイン(URL)をどこで管理するのか

本格的にショップ運用となれば、独自ドメイン(URL)は必須事項として利用することになります。
ただ、ここで検討するべきことは、この独自ドメインをどこで取得して管理するかによって、初期設定の難易度が変わります。

取得・管理難易度備考
Shopifyで取得する簡単・Shopifyの管理画面内ですべてできる
ドメイン移管をする普通・手続きが必要
・もう1年分のドメイン代が必要
外部ドメインを接続する難しめ・DNS編集(Aレコードなど)が必要

独自ドメインメールをどこで管理するのか

次に独自ドメインを使ったメールアドレスの設定ですね。
この設定の難易度は、独自ドメイン(URL)の管理運用をどれにしたかによって決まります。

取得・管理難易度備考
(Shopifyで取得/ドメイン移管)
メール転送
簡単・Shopifyでメールアドレスを作成後、指定メールアドレスに転送
(外部ドメインを接続する)
外部メールサービスと契約
内容次第独自ドメインメールZohoを使う場合:DNS編集(TEX、MXなど)が必要(無料プランあり、難しめ)
・ドメイン取得会社の独自ドメインメールサービスと契約費用が必要(簡単、コストがかかる)
(外部ドメインを接続する)
別メールアドレスを使う
簡単・独自ドメインのメールアドレスにこだわらなければ◎
Shopifyで取得管理が一番カンタン!もしくは独自ドメインじゃないメールアドレス…

この2つの管理方法で、初期設定の難易度(時間のかかり方)が違います

今回、新規でドメインを取得してECサイトを作るということは決まったものの
複数のドメインがある→外部でドメインを取得する(接続の設定)→独自ドメインのメールを作ろう!→え、こんなに設定しなくちゃいけないのか…と苦戦するはめになりました…。

メモ

ドメインが複数あっても、Shopifyで取得するか移管して使う方が、のちのち考えるとラクだったな…と思う場面が多かったです。取得したドメイン会社のメールサービスに契約すると(コストはかかるものの)ラクかなと思います。

外部でドメイン取得、取得したドメインのメールを使いたいがために、この辺りの設定だけでほんっと時間かかりました…。

これからショップを立ち上げる方、Shopifyでドメイン取得する場合は苦戦はあまりしないと思いますが、外部でドメイン取得を考えられているなら、一度このまま進めて詰まらないか参考にしてください。

関連記事を読む

※準備中