ママチュデザインは、わかりやすさと親近感で「集客につながる」ホームページ制作を企画・制作などトータルで対応しています
ママチュデザインは、わかりやすさと親近感で「集客につながる」ホームページ制作を企画・制作などトータルで対応しています

自分で編集/更新できないなら意味がない

昔のホームページは「知識がないと編集できない」というものでした。
今でも知識がないと編集できない方式で作られたサイトもありますが、特別に追加したい機能や、特別見た目のこだわりがある場合などに限られます。

では、今のホームページ制作の主流は何かというと「知識がなくても更新できる」ホームページです。

放置状態・更新に毎回コストがかかる=使えないサイトという考え

ホームページのご相談を受けた際、自分・自社で編集や更新をしていけれるサイトをお勧めさせていただいてます。

というのも、長くホームページ制作に関わって残念だなと思ったことは
「作ったけど、自分で編集ができなくて毎回更新を依頼してた(コストがかかる)」もしくは「運営できず放置していた」というお話が多いこと。

わざと制作側が更新費など欲しさにそういう設計にしてたとか、作るだけ作ったまま編集方法の案内などがなくそのままとか、色々な相談を日々受けます

そういったサイトは長く広報や販促に使うホームページとしては、コストがかかり長い目で利用が厳しい・お客様から見て情報が更新されず使えないサイトという考えです。

更新・運営ができる=コントロールができるということ

例えば

  • コスト面で見ると、自分・自社で更新をしていくということは外部に依頼をかけるやり取りする時間と費用を削減できること
  • 運営面で見ると、自分・自社で編集できることで、繰り返し改善をすることができる・担当者のスキルアップ(サービスなどの棚卸や見せ方など)

といった面から、更新・運営を自分たちでできることで、費用を削減しコントロールすることができます。

社内で更新をするだけの時間が取れない場合などの一時的なもので、更新を依頼する場合などは問題ないと思います。
あくまでも依頼しないと継続的な維持(更新・運営)ができない場合です。

サイトを作る前に、継続的な維持をするための条件を確認しましょう

どうしてもホームページを作る時には、その作ることに意識が行きがちですが、継続的な維持が自分たちでできるかどうか、その維持にかかる費用はどうなっているか(最低限の維持には、サーバーとドメイン(URL)の費用だけの場合がほとんどです)きちんと確認をした上で、動くことをオススメします。

※初期費用は無料でも継続的に月額費用がかかる・保守費という名目で保守をほぼしてもらえずに実質的に月額利用料となる場合など、様々なパターンがあります

更新を常に依頼している状態・作ったけど放置状態・維持に毎月費用がかかっているといった場合には、この点をぜひ見直してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

集客につながるホームページに
自分で育てる「WEB育」メールレッスン
今、お悩みの方へ
「どこから改善すればいいのか」「更新や編集に悩んでいる」などの困り事を相談してみませんか?
代表の小谷が直接お返事します!