女性目線の「問題解決型ホームページ制作」を中心に、WEBを活用したい中小企業・個人事業主様のご相談からフォローまで、一貫してサポートしています。
女性目線の「問題解決型ホームページ制作」を中心に、WEBを活用したい中小企業・個人事業主様のご相談からフォローまで、一貫してサポートしています。

Contact Form 7で郵便番号から住所を自動入力できる方法【Contact Form 7カスタマイズ】

2016/07/02 2018/07/10
ネット上で申し込みなんかする時に、住所を全部入力するってものすごくメンドイ…。
まぁ、わかる。フォームの入力する箇所が増えると、途中で離脱しちゃう率も上がるし、お互い手間は省きたいよね。

今回は、Contact Form 7のカスタマイズ「郵便番号を入力すると住所が自動的に入力される方法」をご紹介します。

1.zipaddr-jpプラグインをインストールする

管理画面の「プラグイン」から「新規追加」
検索でzipaddr-jpと入力して、プラグインをインストール・有効化します。

2.Contact Form 7で設定をする

zipaddr-jpプラグインは初期設定のままでOKなので、Contact Form 7をカスタマイズしていきます。
管理画面の「お問い合わせ」から編集したいお問い合わせフォームを開きます。

(1)表示させたいところで「テキスト」を選択

コンタクトフォーム7 住所自動1

(2)指定IDで設定をする

郵便番号zip
都道府県pref
市区町村city
町域addr(※省略可)

町域を設定しない場合、市区町村の方に番地まで表示されます。

これだけでOK♪

コンタクトフォーム7 住所自動2

3.自動返信メールに表示されるようにする(おまけ)

自動返信メールを設定する場合は「メール」タブから、メール(2)にチェックを入れて以下のタグで設定します。

郵便番号[zip]
都道府県[pref]
市区町村[city]
町域[addr](※省略可)

自動返信メールを使わないなら、必要なし!(ある方が親切だけど)

まとめ
注文や申し込みフォームにあると便利な上に、自動入力ができるってだけで、なんだかいいサイト!とちょびっとイメージアップに(なるかもしれない)
コンタクトフォーム7を普段使ってるなら、すぐにカスタマイズできるので、ぜひやってみてください。
知って納得、学んで実践!WEB活用を育てる「WEB育」無料メールマガジン
今、お悩みの方へ
「どこから改善すればいいのか」「更新や編集に悩んでいる」などの困り事を相談してみませんか?
代表の小谷が直接お返事します!

関連記事を読む

ステップアップ補助金の募集が始まります!(京都府/京丹後市)
京丹後市商工会にて「経営計画作成セミナー」が開催されます
IT導入助成金の「IT導入支援事業者」に採択されました
販促に使える「小規模事業者持続化補助金」の追加公募が発表されました